ユモトマユミ

写真1

(ニシキギ科の木。昭和62年6月24日、村指定文化財。樹齢200年以上と推定、樹幹2.42m、樹高6.2m)

この木から弓を作ったことから真弓の名があります。カントウマユミとも呼びます。マユミは、昔から山村住民にとっては生活道具を作る上で、欠かせない材料でした。そのため、ある程度の大きさになると伐採されてしまいます。これほどの大木が残っているのは大変珍しい例といえます。

詳細

所在地 長野県下水内郡栄村秋山郷 ⇒ Googleマップはこちら
駐車場

なし

公衆トイレ なし

近隣の施設などのご紹介

一覧へ戻る